みのりの脱毛 脇 におい

わしは、高校生の頃、 風邪をこじらせてしまい、3日間寝込んだことがあります。 その間、何も食べられず、 たった3日で体重が1kgも減りました。 「食べなきゃ、簡単に痩せられるんだ!」 と、喜んでいましたが… 食生活が元に戻ると、 簡単に体重が元に戻ったばかりか、 寝込む前よりも、1kgも増えてしまいました。 なぜ絶食すると、 こんな風になるのか調べてみました。 絶食をすると脂肪より先に筋肉が落ちる     ↓ 確かに体重は減る。 だが基礎代謝の低いからだ(=脂肪中心のからだ)になってしまう     ↓ 同じ量の食事でも太りやすくなる (基礎代謝が低いから)     ↓ 絶食ダイエットをするとリバウンドしやすくなる! まぁこんな感じですね。 ダイエットのために絶食をメインに行うと、 筋肉は落ちて、脂肪が残る形となるのです。 上手にキレイにダイエットしようと思うなら、 食事は一日三回きちんと摂ること。 そして適度な体操をして基礎代謝を上げる筋肉を養うこと。 これが大切なんですね。 食べないで体重を落とす方法は簡単なようでいて、 実は、深い落とし穴なのです。 これを続けると筋肉はドンドン減り、 一方で脂肪がドンドン増えて、 結果として体脂肪が落ちにくいからだとなってしまうのです。 基礎代謝が低いと、 少ない摂取カロリーでもすぐに太ってしまうからだになるわけです。 太ってしまったからだでは動きづらいので 体操も億劫になってしまい、 さらに動かなくなり、 動かないまま食事量は変わらないので どんどん太るという 「逆ダイエットの肥満スパイラル」に陥ってしまうのです! とにかく絶食ダイエットは、絶対オススメしません! たとえするとしても 最低限の筋肉を保つ体操はするべきですね!